転職女性必見。在宅ワークで活かせる資格6選

0
120

女性転職も怖くない!資格を取って本格的に在宅ワークで仕事で活かそう!と決めたら、資格を取るために必要な費用や期間など、どの程度の難易度なのかも知っておきましょう。

MOS

Microsoft Office スペシャリスト

「MOS」は『Microsoft Office スペシャリスト』の略です。
「ExcelやWordが使える」など『Microsoft Office』のソフトを使いこなせるということを客観的に証明する資格で、特に資格がないけど今後のために書類作成など便利な技能です。

パソコン作業に慣れている人にはあまり必要ないかもしれませんが、持っているとデータ入力などの仕事をするのに、よりよい条件で雇ってもらえることがある資格の1つ。

エクセルで表まとめ
ワードで契約書やミーティングの流れをまとめる など

一般企業での就職や転職の際にもパソコンスキルのアピールポイントにとても効果的なMOSです。

また簿記の基本として帳簿のデータ集計にも役立つので、やり方を知っておくのも便利です。

日商簿記

在宅ワークを始める前に持っておきたい資格として日商簿記です。
家計簿などもその1つです。企業であれば、経営成績や財政状況の明白化に必ず帳簿をつけますので帳簿には決まリごとや用語、書き方が存在するため日商簿記は、女性の転職する際にも持っていると経理などの会計を取り扱う業務でアピール材料とされます。

Photoshopクリエイター

画像加工やデザイン加工が好き、得意な人に向いているのがフォトショップクリエーター。
画像の編集にも、Photoshop®クリエイター能力認定試験の「スタンダート」資格があると確実に仕事をこなせる能力を獲得できるだけでなく評価されやすいですが、業務で必要とするのはスピードと加工技術力。

写真撮影でのカメラマンなどの世界へ転職する女性でも、能力次第で力を発揮できる資格でしょう。

カラーコーディネーター

カラーコーディネーター

カラーコーディネータの資格は、広告デザインの作成やバナーデザインなどの在宅ワークにおすすめです。
感覚的に色づけを行うのではない「戦略的」な色選び行うことができるようになるため、お客様から意図するデザインをカラーによって表現する、そんな専門的な能力を発揮できます。

一生ものの資格を取り、自宅で独立開業を目指すなら

行政書士

個人や企業の代行として、役所へ提出する書類の作成などを行うのが行政書士の仕事。
行政書士は、市民と官公署とをつなぐ法務と実務のスペシャリストです。

国家資格の中では難関試験という行政書士ですが、独立を考えているあなたに。

社労士

社会保険に関わる書類作成や、年金に関するアドバイスなどを行うのが社労士。
超高齢社会、年金不安、労働形態の多様化等、今後ますます需要が広がる資格としても注目です。

結婚して仕事をやめた女性や、子育ても一段落して在宅で出来る仕事がないか副業程度の収入が欲しいなと考える主婦の方にもお勧めの資格です。

どういった生活スタイルにしていくかによっても、資格が活かされる金銭的なメリットは異なりますので転職、独立の際に役立てていきましょう。20代、30代など年齢関係なく強みの1つとしての資格と技能は重要なのです。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here